看護師の転職で失敗してしまったことについて

転職をする際に失敗してしまったという経験をしている方も見られます。
失敗してしまったというからには必ず原因があります。その原因が何なのか見つけ出すことが出来れば、次の転職時に活かすことが出来ます。自分がどのような点で失敗してしまったのか、もう一度反省するようにしましょう。実際に多くなっている失敗は、求人内容をしっかり確認していなかったという点と、職場見学を行なわずに面接を受けてしまった結果失敗というケースが多いようです。職場見学は出来るだけ行った方が良いと言われていますので、時間を作って見学をした方が良いです。求人募集に掲載されていてコンサルタントから聞いた情報だけでは不十分なので、やはり自分の目で確認した方が良いと言えます。実際に自分の目で確認して、それから判断しても遅くないのではないでしょうか?


看護師だからこそ自分を大切に

意外にも多かった失敗例は、自分の事をきちんと考えていなかったというものです。
本来であれば自分の事をしっかり考えて転職先を決めるものですが、意外にも子供を抱えている女性看護師の方は子供優先で転職先を決めてしまっているようです。例えば、引越しすることをきっかけにしても子供の学校から近い場所を選んでしまうとか。他にも、子供に何かあった時すぐ駆けつけることが出来るように、子供の学校から近い職場を選んでしまった結果、自宅からの通勤時間が思った以上に罹ってしまうとか。そのような失敗をしている看護師の方も増えています。一番は自分の事を考えるようにして、次に子供の事を考える様にすれば良いのではないでしょうか。確かに看護師である前に1人の母親ですから子供を優先したくなる気持ちも理解できますが、出来れば自分を優先すべきでしょう。


条件にばかり注目し過ぎない

次いで多かったのは、募集条件に魅力を感じてその点だけにしか注目していなかったということです。
業務内容などは軽く目を通して、年収にばかり目が行ってしまい面接を受けて入職することになってみれば違ったというパターンです。面接を受けたところまでは良かったものの、入職してみたら色々な面で困ったことが起きてしまった。そういったことから転職して失敗したと感じている看護師も多いようです。言われてみれば年収はとても魅力的ですから注目してしまいがちですが、年収が良くても通勤時間が長いとか夜勤が多いとか、そう言う点は見落とさない方が良いです。最初に求人情報を見る時は一部分だけに注目するのではなくて、まんべんなく確認するようにした方が良いという事ですね。転職に失敗してしまわぬように、そのような点に気を付けながら行動するようにしましょう。現在では、看護師求人サイトのランキングサイトもありますから、その中から気になったサイトを登録してみてはいかがでしょうか?

Comments are closed.