看護師と看護助手の関係性が原因で転職を考えている人も?

大きな病院に勤めている女性の中には、転職したいと強く思い裏で行動している方も居ます。
出来れば働いているうちに次の職場を見つけたいと考えている看護師が多く、転職サイトを利用しているという方の姿も見られます。実際に転職を決意する理由で多いものは「人間関係の悪化」というもの。確かに女性だらけの職場ですので、何かと衝突しやすいというデメリットがあります。病院の中にはきちんとスタッフ同士のコミュニケーションが取れていて良好な職場もあるのですが、悪い職場の方が多い様子。それを理由にして転職をする方が増えてきています。人間関係が悪くなってしまうと働きにくくなってしまいますし、いくら自分が努力したって変えることは難しいものですからね。その中でも、看護師と看護助手の関係性が悪いというケースが多いようです。


看護師と看護助手のシフトが原因になることも?

スタッフ同士の関係性が悪いというのはよく耳にしますが、具体的にはどんなスタッフと仲が悪いのでしょう。
実は、看護師同士よりも看護師と看護助手の関係性が悪いみたいです。なぜ悪くなってしまうのかというと、お互いにシフトを組む際に残業時間などが絡んでくるためです。看護助手のシフトの組み方によっては、看護師も残業をしなければならないという事もあるようです。両方がうまくシフトを組まなければ残業することになってしまいますし、残業時間が制限されているため大きな負担となってしまいます。これが原因となり人間関係が悪化して、その結果転職を希望する方も居るようです。年齢に関係なく物を言う方が多いのも特徴で、それゆえに小さなことがキッカケで関係性を崩してしまうのかもしれませんね。


意識の高さが違うからこそ衝突する?

人間関係を悪化させてしまう原因は他にもあって、それはそれぞれの意識の高さです。
看護師と看護助手では意識の持ち方に違いがあります。意識を高く持っている方同士であれば問題なくうまくいくことが多いけれども、それが意識の高い方と低い方になってしまうと、やはり衝突してしまいます。これは個人差がありますが、やはり看護助手の方の意識の低さに原因があるようです。少しでも人間関係の良い職場に勤めたいのであれば、看護師求人サイトに頼って自分に合った求人を紹介してもらう方が良いでしょう。どんな転職サイトに登録すれば良いのか分からない方は、人気ランキングサイトをチェックしてから決めることをおすすめします。また口コミサイトや評判サイトを覗いてみるというのも良い方法です。

Comments are closed.